VIOLAd'ORO

イタリア語でVIOLAは紫、OROは金。イタリア ミラノで当時勤めていたショップのオーナーからもらったプレゼント。1940年代に作られた、紫と金の掛け時計。それは60年以上も経っているものなのに今でもすごく新鮮で美しいものでした。ずっと使い続けているのに、いつも新鮮で美しい存在。VIOLAd'ORO(ヴィオラドーロ)には、持つごとに愛着が湧き大切に扱われる、そして自分のスタイルを完成させるのに欠かす事ができない、そんな存在であって欲しいという願いが込められています。かわいらしさを残しつつも、凛とした強さ、自分のスタイルを持っている女性を想い描きながらVIOLAd'OROらしさを日々追求しています。上質な素材でトラディショナルな中にも旬のエッセンスを織り交ぜたデザイン。また高いクォリティーを維持するためにもMADE IN JAPANにこだわっています。

ただいま商品を準備しております。今しばらくお待ちください。