SAIKAI

SAIKAI STANDARD
波佐見から日本各地へ、世界各国へ
波佐見焼の発祥は今から400年以上前、朝鮮より渡来した陶工・李祐慶兄弟らが、波佐見町の畑ノ原・古皿山・山似田の3ヶ所に連房式階段状登窯を築いたのがはじまりだとされています。
当時、陶磁器は芸術品として扱われていましたが、丈夫で安価な「くらわんか碗」が生産されるようになると、庶民の暮らしにも普及し、親しまれるようになりました。日用食器としての波佐見焼の伝統は現代にも受へ継がれ、それらを人々の暮らしと繋いでいくことが、私たちの使命です。社名である西海陶器の由来は、創業当時近隣に架けられた西海橋。
「ヒトとモノの架け橋となり人々の暮らしを豊かにしたい」という思いが込められています。

ただいま商品を準備しております。今しばらくお待ちください。

ブランドニュース

BRAND NEWS