LOINTS ロインツ

オランダで1918年に誕生したロインツ。代表モデル「ターボ」はアッパーとインソールを袋縫いすることで、まるで足が包み込まれているような履き心地。アウトソールは3D構造を採用し、衝撃吸収力に優れ、足裏全体に体重がかかるように設計されています。アッパーにはヨーロッパの厚手の革を使い、「丈夫で長く履ける靴」を製造しています。

ただいま商品を準備しております。今しばらくお待ちください。