PITTI UOMO SS19:
THE BEST STREET STYLEby Carlo Kurobe

カルロ黒部のPITTIスナップ速報 vol.04

mv

snap_180626_01.jpg

ルイジ・ソリートさん、ビスポーク仕立てならではのビリジャングリーンのスーツ、ストライプシャツ、ペイズリープリントタイとナポリの著名サルトリアらしい見事なスーツスタイリングです。

snap-2

アレッサンドロ・カノニコさん、イタリアを代表する高級素材メーカー、ヴィターレ・バルべリス・カノニコ社のCEOらしいシングルピークドラペルネイビースーツのエグゼクティブスタイル。

snap-3

アレッサンドロ・スクアルツイさん、モカブラウンのオープン3パッチポケットコットンスーツ。シャツの衿元にバンダナを覗かせて、少しアメリカンテーストを効かせるのがアイコンスタイルです。

snap-4

マウロ・クリミさん、シチリアの著名サルトリアはゴールドメタル6ボタンダブルブレストブレザー、ライトグレートラウザース、ネイビー&ブルーレジメンタルストライプタイと旬のブレザースタイリング。

snap-5

ケヴィン・ショーさん(左)、シンガポールの著名ビスポークテイラーはリネンネイビースーツにロンドンストライプシャツのアンタイドスタイル。今アジアのクラシッククロージングシーンが盛り上がっています。

snap-6

アントニオ・リヴェラーノさん、フィレンツェのサルトリア、リヴェラーノ&リヴェラーノの巨匠はネイビースーツ、オルタネートストライプシャツ、パープルペイズリープリントタイで華やかに登場。

snap-7

鴨志田 康人さん(左)、シアサッカースーツ、ホワイトハイゲージクルーネック、ブラックスエードタッセルベルジアンシューズ。ドットのスカーフがアクセントになったスタイリングがさすがです。

snap-8

ベルトレス、サイドエクステンションのシアサッカースーツを爽やかに着こなしていた紳士。タイドアップの際はホワイトシャツ、ネイビーのフレスコタイという基本スタイルがやはり格好良いですね。

snap-9

ベルンハルド・レッツェルさん、ドイツの国際的に著名な服飾評論家はベージュの2プリーツリネンスーツ、ホワイトシャツ、大柄のペイズリープリントタイと夏の紳士のクラシックな装いです。

snap-10

ベージュのコットンソラーロ6ボタンダブルブレストスーツに洗い込んだデニムワイドスプレッドシャツの衿出し。さりげない着こなしですがサイジングも完璧で実にお洒落な紳士です。

snap-11

ティート・アレグレットさん、メタルボタン付きガーメントウォッシュリネンダブルブレストジャケット、リネンシャツ、チノパンツ、レザーサンダル。ナポリの方が大好きなホワイトスタイリングです。

snap-12

ニック・ウースターさん、世界的に著名なファッショニスタはマガジンポケット付きのブルゾン、シグナルオレンジショーツ、ハイテクスニーカーのスポーツ・ユーティリティスタイルで登場。

黒部 和夫

カルロ インターナショナル代表黒部 和夫 くろべ・かずお

1958年生まれ。83年にオンワード樫山に入社し、一貫してメンズ企画部門を歩む。メンズ商品開発室長、プレス責任者を務める一方、日本流行色協会、日本アパレル・ファッション産業協会、日本メンズファッション協会、繊維ファッション産学協議会の委員を歴任。2008年にはプルミエールヴィジョン(権威あるフランスの世界最大級の素材展示会)の「明日のメンズファッションを語る世界の4人」に選出される。14年に独立し、カルロ インターナショナルを設立。カルロ黒部の愛称で知られ、ファッションコンサルタント・評論家として多方面で活躍中。

カルロ黒部のPITTIスナップ速報

PITTI UOMO SS19: THE BEST STREET STYLE

アーカイブ

ARCHIVES